BLOG

フェイシャルサロンビルームブログ

サロンの日常・お客様のご様子・美容情報・お得な情報などを発信しています。是非みてください(^^♪

紫外線対策は5月が勝負!

横浜鶴見エステビルーム

こんにちは。エステサロンビルームです。
4月からいろんなことがスタートして、少しだけ気が緩む5月。

お肌に対しても気が緩んでいませんか?
冬の乾燥から解放され、夏まではもう少しある・・・。
夏になる前のこの時期こそが、美肌を育てるチャンスです!
夏本番の紫外線に勝つためには、今から肌の土台を作りましょう!

4、5、6月の紫外線も肌ダメージ100%

鶴見横浜エステビルーム

夏になったら日焼け止めたくさん塗らないと!
夏になったらアームカバーつけないと!
夏になったら・・・
と、この時期を甘く見ていたりしませんか?

5月は暖かい日でも真夏のように、じりじりと照りつける感覚はありません。
6月も梅雨に入り、雨が続くので、曇りが多く紫外線を浴びている意識があまりないのも事実です。
しかし!
5、6月の紫外線量は真夏の7、8月とほぼ変わりません。
特に紫外線のUV-Aは5月にもっとも多いのです!

UV-AとUV-Bの違いって?

横浜鶴見フェイシャルエステビルーム

紫外線の約8割がUV-Aと言われています。
波長が長いので、雲や窓ガラスも通り抜け、肌の真皮までに到達するのです。
その結果、肌のハリ、弾力に大切なコラーゲン繊維・エラスチン繊維を切断させるので、しわやたるみ、いわゆる光老化の原因になります。

シミの元となるメラニン細胞を刺激し、活性化し、せっせとシミを作っていきます。

UV-Bはオゾン層の増減によって、地上に到達する量が変動します。
UV-Bを浴びると肌が赤くなり、時間の経過とともに黒くもなってきます。

大量に浴びてしまうと、免疫力の低下や、皮膚ガン、白内障を引き起こす恐れもあります。

日焼けの原因はUV-A20%、UV-B80%と言われています。
ちなみに、日焼けサロンのマシンはUV-Bの波長の紫外線を体に照射しているので、赤くならず綺麗な褐色の肌を作ることができるのです。

簡単にまとめると、
・UV-Aは皮膚の奥まで届くので、シミ・シワ・たるみの原因となる。

・UV-Bは紫外線に占める割合は少ないけど、皮膚への悪影響が大きい。
 シミ、日焼けの原因となる。

目から入った光もシミの元!

鶴見横浜エステビルーム

日焼け止めを塗って、外出時には日傘をさして、暑いけどなるべく長袖を着て・・・
と、たくさん気を使って紫外線対策をしている方も多いと思います。

目のUVケアは大丈夫ですか?
目に多量の紫外線を浴びてしまうと、目の病気や、角膜炎になってしまうこともあります。
そして、

目から入る紫外線は顔や体の日焼けにもつながるのです。

 

目に紫外線が入った時、角膜に炎症が起こり脳に伝達され、炎症を修復しようと、体内にメラニンを発生させます。
顔や体のUVケアをして、直接浴びる紫外線量を減らしても、目のUVケアができていなければ、シミの元となるメラニンを体内に発生させてしまうことになるのです。

目のUV対策で思いつくのはサングラスですね。

UV-Aは窓ガラスも通過してくるので、部屋のなかでも日焼け対策が必要になります。
しかし、部屋の中でもサングラスをかけるのはちょっと・・・という感じですよね。

実は、目はもともと紫外線から守ってくれる機能があるので、日常生活を送る中ではサングラスは必要ありません。
屋外でのスポーツ観戦や、晴天時のレジャーなど、長時間外にいる場合には目の紫外線防御機能だけでは対応できないので、サングラスがあるといいですね。

サングラスを選ぶときは必ずUVカット機能のものを選びましょう。
サングラスは色の濃いものだけではないので、ファッションや好みに合わせて選べます!
ちなみに、UVカット機能とサングラスの色の濃さはなにも関係ないみたいですよ。

もしも、UVカット機能のない濃いサングラスでお出かけしてしまった場合、サングラスで光が遮られてしまいます。
目は、光を多く集めようとして瞳孔を開かせます。
瞳孔が大きく開くと紫外線も多く取り込んでしまいますので、サングラスをかけたことが逆効果になってしまいます。ご注意くださいね。

日焼け対策を今から万全にして、今年の夏こそは美白・美肌を守りましょう。

Pocket

BiRoom

ブログは私たちが書いています!

右:オーナー久田見
左:スタッフ上楽

Archives 過去記事