BLOG

フェイシャルサロンビルームブログ

サロンの日常・お客様のご様子・美容情報・お得な情報などを発信しています。是非みてください(^^♪

コアヒートのご感想。「コアヒートでカラダがグンッ!と軽くなる!?」

コアヒート鶴見ビルーム

先日バレンタインが終わり、今年もたくさんの方に義理チョコを配った方、自分のためのご褒美チョコを購入した方、本命チョコを渡すのにドキドキした方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この年になると本命チョコを渡す・・・という話は周りから聞くことがなくなります。
お嬢様と一緒にチョコを作り旦那様に渡した・・・というようなとてもほっこりとするお話も伺いました。
通勤電車の中で女子高生らしき2人組が「ドキドキするー!!」と話していたのを聞き、青春!と懐かしくなってしまった私はもうおばさんですね(笑)
そして、自分用に買ったチョコを食べ過ぎ少し焦っております。
もうすぐ春になるというのに、薄着になるのが怖くなってきてしまいました。
春になれば洋服の枚数も少なくなり身軽になってきます。
洋服の色も明るくなり、陽気もポカポカと心地が良いのでお出かけが楽しみになってきますね!
ご入園やご入学を控えたお子様がいらっしゃるお母様は入園式や入学式に向け、お身体のメンテナンスを始める方が増えてますますコアヒート大人気です!

コアヒートはまるで魔法の手での全身マッサージ!!

コアヒートマサージ
先日コアヒートをご体験いただいたK様。
今までもラジオ波でのトリートメントはいくつも受けたことがあるそうで、ご体験いただく前までは
「今までの機械と同じように温かいだけで、熱によって脂肪を軟らかくしたりするだけなんだろうなぁ」と思っていたようです。
しかし、コアヒートを受けてみてびっくり!
「オールハンドで全身マッサージなの?え!?すんごく気持ちいい!しかも中から体がほぐれてる感じー!」と大変感動していただきました。
手から温熱パワーかが出ているの?

「まるで魔法のような手ね!(笑)」と。
本当にまるでハンドパワーですね(笑)
そして、普段汗を全くかくことがなく運動をしても少量の汗しか出ないのだそうですが、コアヒートでは両足背面をかけた時点で背中にも汗びっしょり!!
「何この汗!!熱くないのに温まっているし、汗かいてる実感ないのにすごく汗をかいているからびっくり!」
全身かけ終わった頃には顔まで汗をかいていらっしゃいました。

マッサージなのに全身循活コアヒート!

コアヒート
ビルーム発祥のコアヒート、ただの深部温熱だけではありません。
エステティシャンの手が機械の一部となっているのか、機械がエステティシャンの手の一部になっているのか、機械とエステティシャンの手が一体化して凝りをほぐしたり、老廃物を流したりハンドマッサージで行う以上の効果があります!
実際にはマッサージで長年にわたり凝り固まった筋肉をほぐすのには時間がかかってしまいます。
しっかりとほぐすには身体を温めて、血液の流れを良くすることで凝り固まった筋肉が少し柔らかくなるのでそこで筋肉にアプローチして凝りをほぐしていきます。
と言っても、凝りも表面の浅い部分の凝りから深部までカチカチの長年の積み重ねによってできた凝りがあります。
ミルフィーユのように何層にも重なっているイメージです。
長年の積み重ねによってできた凝りは改善するのも、積み重ねた時間と同じくらい毎日の積み重ねが必要になってきます。
しかも、カチカチに凝り固まってしまった身体ですと、凝りをほぐすときに痛みが強かったり凝りがほぐれきらなかったり、揉み返しが起こったりということもあります。

更に一気に血流量が上がると老廃物の排出の処理によってだるさが出てしまうことも・・・。
老廃物の流れを促進するリンパドレナージュなどのトリートメントでは老廃物の滞りが多い人は身体の排出機能をフル稼働させるので、ひどいときは次の日にだるさが残ってしまう事もあります。
そのあとは老廃物がしっかりと排出されているので、身体が比べ物にならないくらいすっきりと軽くなりますが、出来ればすぐに解消したいですよね。

コアヒートは即スッキリ軽くなる?!

コアヒートマサージ
コアヒートでは即スッキリを実感頂けます。
深部温熱によって体内の代謝が高まっているので、老廃物の排出はスムーズに行われますし深部温熱で筋肉も芯から暖まっているのでほぐれやすく関節部分も順滑液が増え動きがスムーズになります。
関節に痛みのあった方が、痛みが和らいだとお喜びくださっている方もいらっしゃいます。
コアヒートはただ、温めるだけ、凝りをほぐすだけではなくその両方を行え更に深部体温を上げ持続的に代謝をアップさせます。
温活だけではなく体内温度を上げ、体内の巡りを良くする循活!
皆さまも1度受けたら気持ちよさが病みつきになるコアヒートボディぜひご体験ください!

Pocket

BiRoom

ブログは私たちが書いています!

右:オーナー久田見
左:スタッフ上楽

Archives 過去記事