BLOG

フェイシャルサロンビルームブログ

サロンの日常・お客様のご様子・美容情報・お得な情報などを発信しています。是非みてください(^^♪

幹細胞ハーブエステで赤ちゃんのような肌に!

赤ちゃん肌

美容フリークがこぞって行うハーブエステ

最近では、効果の実感から体験したことがある方も増えてきているハーブエステ。
その効果は1度受けてしまうと病みつきになり、もう離れられなくなります。
エステ10回分にも相当するという効果は、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、シミ、しわ、たるみ、乾燥、妊娠線など、ありとあらゆるトラブルや悩みに対し効果的です。
ハーブエステは「ハーブピール」とも言われ、「ピール」とついているのでなんとなく美容皮膚科などで行われる、科学的に角質を溶かすような「ケミカルピーリング」のイメージを持っている方もいらっしゃると思います。
しかし、ハーブでのケアは美容皮膚科などの科学的なものではなく、ハーブのもつ「植物ホルモン」の力を利用し、その「植物ホルモン」のエキスをリンパ管や毛細血管から各細胞へ送り、肌のターンオーバーを正常にするといった肌深部へ働きかけるケアになります。
急激にターンオーバーが正常になることで、いらなくなった余分な角質が剥がれ落ちるので、皮が剥けたように見えるため「ピール」という名前がついているそう。
そのため肌が薄かったり、弱い方でも受けていただくことが出来る安全なトリートメントとなっております。
(もちろん、肌の状態によっては当日受けられない方などもいらっしゃいますのでカウンセリングで心配なことがありましたらどんどん聞いてください。)

ハーブエステ ビルーム

ハーブエステって?

元々は約60年ほど前にドイツで生まれ、ニキビ治療の目的で使用されていました。
その後ニキビやニキビ跡だけでなく様々な美容効果を発揮したことにより美容業界で取り入れました。

良いといわれるものは、どこでも研究が進みますよね!
植物はもともと切っても切っても生えてきたり、そこから目が出てくるというような、成長をリセットし新しい細胞をつくる高い再生能力を持っています。
(これ雑草だと大変。)
その植物の高い再生能力を利用して肌の再生能力を高めているのがハーブエステです。

仕組みとしては、細かく粒子状にしたハーブを毛穴から入れこみ、毛穴に入ることで「植物ホルモン」がお茶のようにじわじわと溶け出すようにでて、リンパ管・毛細血管へ運ばれ細胞が作られる線維芽細胞を活性化して一気に細胞分裂をさせるそう。
肌表面からではなく真皮層、肌の深部から働きかけターンオーバーを正常化させます。
栄養が行き渡り一気に細胞が作られるため、深部からの再生ができ、今まで改善されなかった深いしわやケロイド、傷跡などのトラブルも改善しやすくなります。

ハーブエステの種類は豊富

ハーブ
●外国製ハーブ
メーカーや手入れの内容にもよりますが、毛穴から入ったハーブが流れ出てしまわないよう5日間は顔を洗うことができない施術もございます。
(ケア内容にもよります。)
また、日本人は海外の方に比べると、肌のきめが細かく繊細です。
海外製のものは刺激が強い場合もあります。
そして、輸入しているものは必ず防腐剤が含まれています。

●日本製ハーブ
日本人向けに粒子が細かく、刺激を伴わないものもでてきました。(やはり研究は進みます)
粒子が細かいので、有効成分の浸透も早いというのが特徴になります。
有効成分の浸透も早いため2日後から通常のケアを行えます。
ケア中の痛みも少ないというのも利点です。
もちろん防腐剤フリーです。

●BiRoom(ビルーム)の幹細胞ハーブ
もちろん日本製のハーブです。そのため海外へ輸出するための防腐剤を含まない処方です。(安心・安全)
他の日本製のものと同様粒子が細かいので、浸透が早く毛穴に入ると植物ホルモンの作用でお肌がみるみる蘇るのを実感できます。
更に肌の幹細胞の働きを高めるために、植物幹細胞、ヒト幹細胞培養抽出液、植物エッセンスを配合したハーブです。
気になる目元にも使用することができ、副作用がないため10日に1回の頻度でケアを行えます。
ホームケアはクレンジングさえ注意していただければ大丈夫です。(もちろん日焼けなどはご注意ください。)

横浜川崎鶴見ハーブ
1回でももちろん効果があるのが特徴ですが、3回、5回、8回と回数を重ねるごとにより赤ちゃんのようなつるっとしたみずみずしい肌に生まれ変わります。
1度生まれ変わってしまえば、その状態をキープするために定期的にフェイシャルケアを受けることをおすすめいたします。
定期的なフェイシャルケアもBiRoom(ビルーム)でお受けいただけるよう、様々なトリートメントをご用意しております。
少しでもお悩みのある方は是非Biroom(ビルーム)でお待ちしております。

Pocket

BiRoom

ブログは私たちが書いています!

右:オーナー久田見
左:スタッフ上楽

Archives 過去記事