BLOG

フェイシャルサロンビルームブログ

サロンの日常・お客様のご様子・美容情報・お得な情報などを発信しています。是非みてください(^^♪

身体を若返らせる⁈ヒートショックプロテイン! 

ヒートショックプロテイン

ヒートショックプロテインとは?

ヒートショックプロテインと(HSP)いう言葉を聞いたことがありますか?
ヒートショックプロテインとは熱ショックたんぱく質のことで、人間の体は水分を除くとほとんどがたんぱく質で出来ています。
ストレスや病気などで簡単にたんぱく質は傷ついてしまうのですが、この傷ついた細胞を修復してくれるたんぱく質がヒートショックプロテインだそうです。
しおれたレタスを50度のお湯に浸けると、シャキッとよみがえるのをテレビの裏技などで観たことはありませんか?
あのように体の中でも、傷ついた細胞を熱による刺激でよみがえらせてくれるのです。

近年では、ストレスのかかっていない人はほとんどいません。
生活をしているだけで何かしらのストレスを感じ、たんぱく質を壊してしまっています。
たんぱく質が破壊されてしまうと、美容面のみならず健康面でもトラブルが発生してしまいます。
そこでこのヒートショックプロテインが免疫力を高め病気を未然に防いだり、コラーゲンの減少を抑制したり、代謝を活発にして脂肪を燃やしたりと美容面、健康面ともに働きかけてくれるのです。

ヒートショックプロテインの効果 

病気の予防

ヒートショックプロテインは免疫細胞の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させる働きがあるそうで、がん細胞や病原菌を発見して退治し、体内にウイルスが侵入しても病気が発症しにくくなるそうです。また、ヒートショックプロテインそのものもがん細胞と結合して自身ががん細胞であることをアピールするのだとか。これにより、小さながん細胞をNK細胞が発見できるようになりより効率的に駆逐することができるそうです。

美肌効果

ヒートショックプロテインは、肌を若返らせる効果もあります。
メラニンの生成を抑える、紫外線による細胞へのダメージや炎症を抑制する、紫外線によって傷ついた皮膚のDNAの修復を促進する、コラーゲンの質の向上・産生量を増加させる、コラーゲンの分解酵素を抑制するなど様々な効果があるそうです。
ヒートショックプロテインには種類があり、HSP47はコラーゲンと結合して変異を修復し、HSP70は紫外線ダメージによるしみ・しわを予防・修復します。
HSP70は肌の中では「表皮」に多く存在しているそうで、「表皮」の時点で紫外線のダメージを小さくすることで「真皮」への影響も軽減してくれるのだそう。紫外線の肌へのダメージは大きいですからね。
また、お肌がダメージを受けたときにできるだけダメージを減らし、元の正常な状態に戻すように働いてくれるのです。
ダメージが減ることによりしみ・しわなどのトラブルを防ぐことができます。

 

ヒートショックプロテインの増やし方

ヒートショックプロテイン ビルーム

ヒートショックプロテインはストレスを感じると増加します。緊張や運動、加圧、低酸素、紫外線、放射線などストレスの原因になるものはたくさんありますが、最も手軽に増やす方法としては入浴法になるそうです。
インターネットでも入浴法についてあげているサイトを多く見かけました。
まとめると大体このような入浴の方法でした。

 

・舌の下で体温が測れる体温計を用意する。
・入浴前、入浴後には500mlを目安に十分な水分補給を行う。
・40℃で20分、41℃で15分、42℃で10分、湯船につかり、
 体温が38℃以上になるよう温める。(体温を計りながらつかる)
・入浴後はバスタオルなどで体を包んで熱を逃さないよう、10~15分間安静に保温する。
・保温した後は、自然に体温を戻して、水分補給する(冷たい飲み物はダメ)

※お風呂のふたを首のあたりまで閉めて行うと温度が下がりにくく効果的だそう。

 

効果が最大に出るのが2日後と言われているので、週に2日行うのが良いそう。
即効性のあるものではないので継続的に行うと増加しやすいそうです。
続けて行うことにより体温が上がりにくいなどの効果の薄まりを感じたら1~2週間お休みをしてください。
ただ、冬場はお風呂場での温度差による事故(血圧の変動による心筋梗塞や脳卒中)が多くなりますので、十分にご注意ください。

 

ただこの方法、入浴中の体温を測るのがちょっと面倒に感じました。私的意見ですみません。
そんな面倒なことは嫌だ!というような方には、ラジオスティムを使用したコアヒートトリートメントおすすめです!

昔から「冷えは万病のもと」と言われるように、身体を冷やすことは健康にとって良いことは1つもありません。
特に女性は、肌トラブルや脂肪がたまりやすくなってしまうなどの美容面でも、冷え性やむくみ、生理不順などの健康面でもトラブルが起きてしまいます。
筋肉が凝り固まり関節の可動も悪くなると、怪我の原因にもなってしまう事もあります。
身体を温めることは血液循環・リンパの循環を高めるので、冷え症の改善やむくみの改善、肌にも栄養が行きわたり肌トラブルの改善、心身のリラックス、発汗による新陳代謝アップ、筋肉の緊張を緩め凝りの改善や痛みの緩和にもつながります。
皆さまも身体を芯から温めて、自己回復力・自己免疫力を高め健康で美しく冬を乗り切りましょう!

Pocket

BiRoom

ブログは私たちが書いています!

右:オーナー久田見
左:スタッフ上楽

Archives 過去記事